これで楽になる♪洗濯がめんどくさい人に試して欲しい方法!

 

洋服やおしゃれは大好きなのに洗濯ってとにかくめんどくさい。と思っていませんか?

確かに普通にやっていては手間も時間もかかる、とっても面倒な家事のひとつです。

私もおしゃれする事が大好きです。

洋服はいろいろなアイテムをたくさん持っていたいのに、

種類や数が増えるほど洗濯の手間も時間も増えていってほんとうに嫌になります。

 

洗濯物の山を色柄物と無地の物とに分けるのも手間だし、

水を含んだ重い洗濯物をかかえて洗濯物干場まで持っていくのも大変。

干す時にかがんだり背伸びしていると腰がいたくなります。

乾いた洗濯物を取り入れて畳むのもやりたくなくて、

結局山積みの洗濯物の中から服を探して着ることに。

 

そんな洗濯嫌いな私でも、少し工夫することで毎日の洗濯が本当に楽になったし、

おしゃれすることがもっと楽しくなったんです、

洗濯の苦手意識を克服してやる気もアップできる方法を紹介します。

 

 

 

 

 

 

洗濯のタイミングを決めておく

いくら工夫によって時間が短縮できる。

とはいえ、洗濯に対してのやる気が起きなくては重い腰も上がりませんよね。

モチベーションを上げるためには、洗濯をするタイミングを決めておきます。

 

毎日の生活リズムの中で洗濯するタイミングを決めておくことで、

自然と洗濯するリズムがつき面倒くささも半減します。

私は、夜のリラックスタイムの前を洗濯の時間にしています。

洗濯機が止まるまでの時間にゆっくりコーヒーを飲んだりテレビを見たりして、

一日のご褒美の時間にしています。

そうすると、洗濯に対するイメージも変わりやる気もアップしました。

 

好きな洗剤を使ったり気分によって柔軟剤を変えたりするのも楽しいですよね。

いい香りに包まれていると気分も良くなり干す作業も楽しくなります。

 

とはいえ、疲れていてどうしてもやる気のでない日もあります。

そんな日は、洗濯物の山に目をつぶって次の日にまわしてしまうんです。

モチベーションを保つためには、頑張りすぎずたまには息を抜くことも必要です。

 

 

 

 

 

洗濯の前に分けておこう

着ていた洋服を全部一緒に洗濯して色落ちしちゃった!!

なんていう失敗は誰でも一度はあると思います。

 

私もお気に入りの白いTシャツと赤いスカートを一緒に洗濯したら、

Tシャツがピンク色になってショック!なんていうことがありました。

 

洋服を傷めないためには種類分けをしなくてはいけませんが、

洗濯する時に1枚1枚分けるのは本当に面倒ですよね。

洗濯前に分けておくと楽になりますよ。

 

洗濯かごを2つ置いておき、色柄物と白地の物とをざっくりと分類して入れておきます。

入れるかごを分けるだけなので手間が増えるわけではないですし、

先に分類しておくことで、洗濯機をまわす時にわざわざ分ける手間を省けます。

 

 

 

 

ハンガーを変えてみる

洗濯物を干す作業は重いし手間もかかりますが、

ハンガーを便利なものに変えたりして、

道具をうまく活用することで体の負担を軽くすることができますし面倒な作業も減らすことができます。

 

Tシャツ等を干すときどうやってハンガーをかけますか?

私はいつも首元からハンガーをかけて、服の首回りが伸びてしまい洋服をダメにしてしまいます。

かといって衣服の下からハンガーをいれるのはとっても面倒ですよね。

 

真ん中から肩部分が折れるタイプのハンガーを使えば、

伸びる心配をしなくても首元からハンガーを入れることができます。

このハンガーに変えてからは洋服を傷める心配もなくなりましたし、

面倒な作業も必要なくなり時間も短縮できました。

 

 

 

 

重くて大きいものから干す

干す前に洗濯かごの中の大量の洗濯物を見ると、

干しても干しても減らない感じがしてため息が出ます。

洗濯物を干すときには、バスタオルやズボンのような大きくて重い物から選んで干すようにしてみてください。

順番を変えるだけなのですが、目に見えてどんどん洗濯かごの中身が減っていくので、

干していて楽しくなります。

 

 

 

 

洗濯物は畳まなくてもいい

取り込んだ洗濯物は畳んでしまう、というのが常識的ですよね。

ですが、洗濯をめんどくさいと感じている人の多くは畳む作業が苦手なんです。

私も畳むのがとても苦手で、どうしてもきれいに畳めないんです。

せっかく畳んでもタンスに収納する頃には崩れてしまって、

結局クシャクシャになってしまいます。

 

それなら畳まなくてすむ物は畳まず収納しましょう。

ハンガーに干した状態でそのまま洗濯物を取り込み、

そのハンガーのままクローゼットに収納します。

これならハンガーから取り外す事も畳む手間もないですよね。

 

それでも、全ての洋服を収納できるほどクローゼットに余裕ってないですよね。

そんな場合は、ワンアクションで衣類を畳むことができる方法があるんです。

畳むのが苦手な私でも、試してみるとあっという間に畳むことができて感激しました。

 

動画を参考にぜひ試してみてください。

 

まとめ

・洗濯のタイミングを決めておく

・洗濯の前に分けておこう

・ハンガーを変えてみる

・重くて大きいものから干す

・洗濯物は畳まなくてもいい

 

おしゃれはしたいのに、溜まれば溜まる程に面倒くさくなっていく洗濯物。

溜め込まないことが一番ですが、そのためにはモチベーションを上げることが大事です。

少しの工夫と、道具を上手に活用することで手間を減らして、

思い切りおしゃれを楽しみましょう!!