長続きした!私が実際にした料理のモチベーションを上げる4つのポイント!

 

一人暮らしをしていて料理するのって面倒ですよね。

私も一人暮らしの時、全く料理をしない時期がありました。

 

一人分の食材を買っても少ししか使わず余ってしまうし、

食べた後の片付けも面倒ですよね。

コンビニやスーパーでお弁当を買った方が安いし簡単。と思って、

ほとんどキッチンに立つ事もなかったんです。

でも、外食やコンビニ弁当はどうしても味付けが濃くなっていたり、

脂っこかったりして、肌もあれるし体重も増えるし・・・。

3か月で一気に5㎏も増えたんです!

これはマズい!と思って、何とかやる気を起こして、

もう一度苦手だった料理をしてみることにしてみました。

 

もちろん、今までと同じようにやっていたのでは同じ失敗を繰り返してしまうので、

料理対する苦手意識を克服するためにいろいろと工夫をしてみました。

そのおかげで料理が得意でもなく

めんどくさがりの私でも何とか自炊を続けることに成功し、

2か月で体重も元に戻って、肌も以前よりスベスベになりました!

 

私が特別な頑張りをしなくても料理のモチベーションを上げて、

無理なく自炊を続けられた方法を紹介します。

 

 

 

 

 

洗い物を減らして片づけを楽にする。

私もそうですが、料理が面倒だと感じている人は、

作る事よりも食べ終わった後の片付けがめんどくさくて嫌だと思っている人が多いんです。

形や大きさの違うお皿をいくつも使って盛り付けるのに憧れて、

一度やってみたことがありますが、

見た目に華やかだし食べる時はすごく良い気分だったんですが、

その後の洗い物がイヤで、やっぱり続きませんでした。

 

使う食器はできるだけシンプルな形のものにして、

食器の数も一度に使うのは1つか多くても2つまでにします。

私は良くワンプレートにしていました。

洗いやすくてできるだけ片づけやすい食器を選んで、

お皿洗いに対する時間をかけないようにしておくと、

片づけに時間もかからずとっても楽です。

 

料理するのはイヤじゃないけど片付けが面倒で料理をしない、

なんて勿体ないですよね。

片づけのハードルを下げることで料理に対する苦手意識をなくしましょう。

 

 

 

 

 

 

手の込んだ料理を作らず、最初は簡単なメニューからチャレンジする。

 

ゆっくり手間も時間をかけてレシピを見ながら料理できたら楽しいのですが、

忙しい日常の生活の中で、そんな時間はとてもかけられません。

毎日それを続けるとなると途端に面倒に感じてとても続けられなくなるんですよね。

 

毎日続けるためには、時間も手間もかからず、

もちろんレシピを見なくてもできるような簡単な料理から始めると簡単です。

 

私の場合は、最初の方はずっとご飯ものばかり作っていました。

カレーライス、オムライス、玉子丼、チャーハン・・・。

間にうどんとかです。

 

最初のうちは、まずはキッチンに立つ習慣をつけることを意識して、

キッチンに立つことが面倒くさいと感じなくなったときに、

料理の種類を少しずつ増やしていったんです。

 

面倒だと思っていた料理も、

毎日顔を洗ったり歯を磨いたりするのと同じように習慣になってしまえば、

無理なく続けていけます。

続けているうちに料理の手際も良くなってだんだん時間もかからなくなっていきます。

料理することに慣れてくれば少しずつ料理の幅も広がって、

楽しくなっていきますよ。

 

 

 

 

 

 

料理に慣れてきたら料理した物を冷凍すると時短や節約になる。

スーパーに買い物に行って小分けになっている食材を選んで買っても、

一人で食べきるにはやっぱり多くて、気づいたときには腐ってしまってた・・・。

なんていう経験は誰でもあると思います。

私もそういう失敗をしないために冷凍庫を使おう。と思い、

買ってきた食材をいろいろと冷凍庫に入れてはみたのですが、

小分けをして冷凍したものを解凍してから料理する。

という工程が面倒になって結局食材をダメにしてしまったんです。

 

買ってきた食材を小分けにして冷凍するのって、

少しの量をラップで包んだりして意外と手間がかかって面倒なんですよね。

が冷凍庫を上手く活用するには、

料理したものを冷凍すると良いですよ。

料理したものを冷凍して食べるときに電子レンジで加熱すれば、

手間が少なくて済むし食べたいときにすぐに食べられるので時間の短縮にもなります。

小分けにしてあると、お弁当にそのまま入れても良いですよね。

 

ご飯を冷凍できるのは知っていましたが、

他にも焼き物、揚げ物、炒め物、煮物など。冷凍できる料理はたくさんあるんです。

 

焼き魚を冷凍したものをお弁当や夕飯のおかずにしたり、

シチューを冷凍したものをご飯の上にかけてチーズをのせて焼いてドリアにしたり・・・。

食事のバリエーションも増えるし、時間やお金の節約にもなりますよ。

 

 

 

 

 

頑張り過ぎない。週1回は料理をしない日を作ってOK!

洗い物を減らしたり冷凍庫を活用したりしていても、

どうしても作りたくない日がありますよね。

何ならキッチンに立つことも面倒なときがあります。

そんな時に無理に頑張ってしまうと、結局長続きしない原因になってしまいます。

 

私の場合、どうしても週1回くらいこってりした濃い味の物を食べたくなるんです。

我慢をするとストレスもたまってきて、料理もどんどん嫌になってしまいます。

なので、週1回は外食やお弁当で食べたいものを食べることにしています。

そうするとガス抜きになって、不思議と次の日からまた料理を作る気になれるんです。

 

長く続けるには頑張り過ぎないことが大事なので、

やる気が起きない日は外食やお弁当で済ませてしまいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

・洗い物を減らして片づけを楽にすれば、料理に対する苦手意識もなくなります

・手の込んだ料理を作らず最初は簡単なメニューからチャレンジして、

料理を習慣にする。

・料理に慣れてきたら料理した物を小分けにして冷凍することで時短や節約ができる。

・週1回料理しない日を作って頑張りすぎない事が、長く続けるポイント。

 

 

外食やお弁当で済ませてしまうよりも、

自分で料理を作った方が体にも良いし節約にもなる。とは分かっていても、

片づけが面倒だったり、食材の無駄が多くなってしまったり、

忙しくて時間もない・・・。

なかなか毎日料理をするのってハードルが高いですよね。

料理の仕方や準備に少し工夫をすることで、

手を抜いて力も抜いて、頑張りすぎずに料理を続けましょう。