私の毎月の食費を節約させた買い物術!

 

 

一人暮らしの人は常にお金のやり繰りに苦労している人も多いはず。

一番削れるところはどこか考えると、自炊をやって食費を浮かす考えに辿り着くのではありませんか。

私も社会人で一人暮らしをしている身ですが、毎月貯金しながら生活費のお金のやり繰りに苦労しています。

やっぱり友達と遊ぶ交際費や趣味にお金を掛けたいので、削るとしたら食費になります。

そこで、一人暮らしをしている私が毎月の食費を自炊することで節約させた買い物術を紹介します。

これをすることで、自炊をしばらくサボっていて、さらに余計な物を買ってしまう浪費の原因にあった私ですが、食費が今まで2万くらいしていたのに1万3千円までに抑えることができるようになりました。

おかげで服や欲しいものにお金をかける余裕が出来て嬉しいことだらけです。

 

 

まずは買い物に行く頻度を決める

 

まずは買い物に行く頻度を決めましょう。

とは言っても買い物てどれくらいに1回行けばいいの?てなりますよね。

 

私も自炊に慣れないうちは毎日しなかったので、たまにしか買い物に行かなかったです。

たまに買い物へ行くと買い忘れがあって2回もスーパーに行く羽目になったりと恥ずかしい失敗ばかりしていました。

頻度は読んでいるあなたのライフスタイルで決めるのが一番です。

私なら、職業柄夕方から深夜の仕事になりますので、昼間に買い物に行くしかありません。

ただ、体を使う仕事なので仕事前に買い物行く気にもなれずに休みの日(週1か2くらい)に買ってまとめて作って冷蔵庫や冷凍庫に保存しています。

 

これは一人暮らしを始めた人にはあまりおススメできません。

自炊に慣れないうちは大量に作るのは時間も労力もいるので、慣れるまでは数日に1回くらい買い物に行って毎食作るのがいいかもしれません。

例えばモヤシや水分のある野菜(キュウリやレタス)の期限が短いため、使い切る前に捨ててしまうことになることもあります。

 

あとはスーパーによって曜日や日付で安く売っていることもあるので、曜日で選ぶのもありだと思いますよ。

私も行けるときは野菜が最近高いので、安い曜日を狙って買い物に行っては食費を浮かせています。

 

 

 

献立を考える

 

次に買い物に行く前に献立を考えます。

これは余計な物を買うのを防ぐためです。

 

私の場合だと献立考えずに買い物に行くと、安いからという理由であれこれカゴに突っ込んで買ったはいいが食材を使いきらずに捨ててしまったという勿体ないことをやったことがあります。

よくやっていたのはもやしや葉物(キャベツやレタス等)です。

 

例えば、朝と夜に自炊して、3日に1回に会社か学校帰りに買い物に行く人の場合。

買った日の夜 ごはん、納豆、キャベツの塩もみ(袋にキャベツ+塩を入れて揉む)、肉と野菜炒め(玉ねぎ+ニンジン+豚肉+焼肉のタレ)

1日目朝 ご飯、卵、ウインナー、キャベツの塩もみ(夜に多めに作って朝に食べてもOK)

1日目夜 ご飯、納豆、レンジを使ったニンジンのナムル(ニンジン+ごま油)、玉ねぎと肉の梅肉炒め(玉ねぎ+豚肉+梅干し)

2日目朝 ご飯、卵、ウインナー、ニンジンのナムル(夜に多めに作って朝に食べれるようにする)

2日目夜 ご飯、納豆、ポトフ(玉ねぎ+ニンジン+キャベツ+ウインナー+コンソメの素)、レンジを使った蒸し野菜(余った野菜+ポン酢)

3日目朝 ご飯、夜に作ったポトフ(新たに卵を加えるとまた違うスープが出来上がるのでOK)

といった感じです。

 

ポイントは食材の買い始めは生のままの料理を中心にして、食材を新たに買いに行く前日は何かしら火を加えた調理法(煮る、焼く、蒸す)で野菜と肉は使い切るような献立を考えます。

あとは私が鍋とフライパン両方使う料理だと洗い物が増えて嫌になるので、コンロ一つ+生のままでの調理法かレンジを使った調理法での献立を考えるようにしています。

コンロ1つしかない一人暮らしでしたら、料理の幅が狭くなるのでレンジを活用するのをおススメします!

 

 

 

買い物へ行く

実際に買い物に行ってみましょう!

上記の献立を参考に買うと、白米は家にある前提で考えるとニンジン2本、玉ねぎ2個、キャベツ(半玉)、豚肉200g(くらい?)、納豆(3パックセット)、卵、ウインナーを購入すれば3日間分になります。

ただ、最小限の目安なので、よく食べる人は玉ねぎ3個、ニンジン3本、もしくはもやしを加える、肉の量を変える等して量を増やすといいかもしれません。

 

私の失敗談として、よっぽど食べる人でない限りはキャベツを1玉購入するのはおススメしません。

前に安い時があってキャベツ1玉を買ったことがありましたが、毎食キャベツを使わないと減らないし、飽きるし、と使い切るのに苦労しました。

結局は余って捨てるといった勿体ないことになりました。

それ以来、いくら安くてもキャベツは半玉、同じ理由で白菜は4分の1カットを買うようにしました。

 

それと、エコバッグは持参するのをおススメします。

地域やスーパーによっては袋代を取られるところもありますので、節約するためにも持参した方がいいです。

ちなみに私は折り畳みできるエコバッグを出かける時に鞄に必ず忍ばせて持参しています。

折り畳み式だと鞄の中で場所を取らないので、いいですよ。

 

 

 

冷蔵庫、冷凍庫を活用して整理

 

買い物をしたら、基本的に冷蔵庫に保存します。

ただ、ニンジンや玉ねぎとかって予定していた数よりまとめて購入した方が安いてことありませんか?

 

そんな時こそ、冷凍庫の出番です。

ニンジンや玉ねぎを調理する大きさにカットして、ジッパー付きの袋(100円ショップに売ってます)に入れて保存しています。

私はたいていニンジンは千切り、玉ねぎはうす切りにカットしています。

 

肉類も安くて買ったときはラップに自分が使う量に分けて冷凍保存しています。

ウインナーは数日で使いきるのができない時は冷凍庫へ入れて保存しています。

 

他の食材の保存方法については下記を参考にしています。

ジッパー付きの袋を使った保存の仕方ですので、役に立ちますよ。

http://www.asahi-kasei.co.jp/saran/preservation/

 

 

 

まとめ

1.買い物に行く頻度を決める。

2.献立を考える。

3.エコバッグを持参して、買い物に行く。

4.買ったものを調理法に合わせて整理する。

 

これで、一人暮らしの買い物は大丈夫!

料理もできるようになるし、お金も浮くし、何より自分が一番お金を使いたいことに充てることにできますよ。

 

ただし、冷凍保存はいくら安全でも早めに使い切るようにしてくださいね。