知らないと損! 一人暮らしで使える食材10!

これから一人暮らしを始める人で一番悩むのは自炊ではないでしょうか。

中でも、料理をやったことがない人の一人暮らしは右も左もわからず、不安なはずです。

私も一人暮らしを始めた最初は自炊する気はあっても何作ればいいの?と頭の中に「?」が広がっていました。

おかげでほぼ毎日ネットが手放せないくらい、調べながら自炊をしていました。

 

そこで、一人暮らしを始める人でも使える食材を紹介します。
私の冷蔵庫もしくは冷凍庫には必ずと言っていいくらいにあります。

日持ちするし、料理の応用パターンも何種類もあって簡単で使いやすいので、役に立っています。

 

 

 

1.お米

主食になるので、必須になっています。

私は仕事柄一日二食の生活をしていますが、朝も夜もご飯がいいので、お米を家に常備しています。

最近は100円ショップで買ったレンジで炊ける容器を使って必要な分を炊いているので、ご飯が余ることはありませんが余った時は冷まして冷凍庫に保存する方法もあります。

 

もし、朝はパンがいい人は食パンを常備するのもいいと思います。

食パン買っても余る人がいたら余った食パンをラップにくるんで冷凍庫に保存する手もありますよ。

 

 

 

2.豆腐か納豆

 

 

好みと食べたい気分で私は選んでいますが、だいたい片方か両方は常備しています。

あると、醤油をかければそのまま1品として使えるので、重宝するくらい必須な食材です。

味に飽きた時、もしくは時間に余裕があるときは

もやし+片栗粉+醤油+砂糖で 豆腐にかけて、あんかけ豆腐。

山芋(もしくはおくら)+納豆で違う味が楽しめます。

他に豆腐+わかめ+味噌で味噌汁(冷え性な私はチューブのおろし生姜を加えている)が出来ます。

 

以前は納豆の粘り気が苦手でしたが、今は平気になりました。

それまで、粘り気が嫌であまり混ぜずに食べていました。

ただ、調べたら混ぜた方が美味しいということがわかり混ぜる回数を増やしたら、美味しく感じるようになりました。

納豆が苦手な人は豆腐を常備してみてください。

 

 

 

3.卵

卵は単品でも美味しいし、色々な食材と合うのと、何より簡単にタンパク質が取れるので使えます。

私は安い日に1パック買って、豆腐もしくは納豆と交互に使いながら、タンパク質を取るようにした食事をしています。

簡単に済ますなら、卵+塩コショウで炒めて卵焼き、余ったキャベツやモヤシ等の野菜+肉+好みの調味料(私のおススメは焼肉のタレ)で炒めています。

 

 

 

4.もやし

もやしは安くてお金がピンチな時に使えます。

野菜や肉と炒めてもいいですが、私はたいてい「ナムル」にしています。

レンジでしんなりするまで温めて、塩小さじ1か醤油小さじ1(私は塩がおススメ)+ごま油小さじ1(白ごまがあるとさらに美味しくなる)で簡単に出来ます。

他にもやし+豚バラ肉を巻く+焼肉のタレ(それかポン酢)で肉巻きもやし

(さっぱりしたものが好きなので、私はポン酢派♪)も出来ます。

ただ、モヤシは安くて使えますが、生の状態だと2日と期限が早いので注意が必要です。

 

 

 

5.根野菜

根野菜は冷暗所で保存したら日持ちするので、使えます。

中でも、私は煮物にも炒めものにもバリエーションがある「ニンジン、玉ねぎ、ジャガイモ」をよく使っています。

例えば、

ニンジン+玉ねぎ+ジャガイモ+豚バラ肉+砂糖+醤油+みりんで 肉じゃが(本来なら牛肉ですが、安い肉で作っているのでいつも豚肉になっています)。

ニンジン+玉ねぎ+ジャガイモ+ウインナー+コンソメの素でポトフ

(鍋にコトコト煮るか、時間がなければレンジで温めればOK)。

ニンジン+玉ねぎ+豚バラ肉+焼肉のタレで野菜炒めです。

 

余ったら、自分が料理する大きさに小さく切ってポリ袋に入れて冷凍保存しています。

 

 

 

6.キャベツもしくは白菜

春、夏は「キャベツ」、秋、冬は「白菜」と値段によって買うか決めています。

あと1玉は使い切らないので、2分の1で購入しています。

どちらも買った当日か1日おいてからでしたら、袋に入れたキャベツか白菜+塩もしくはポン酢で1品つくれます。

数日経つと、葉物はシナシナになってくるので、炒める、煮る、蒸すの調理法で使っています。

例えば、

キャベツ+豚バラ肉+焼肉のタレで炒めた 野菜炒め

キャベツ+ウインナー+コンソメの素で煮た 野菜スープ

蒸した白菜+ポン酢で1品(レンジで温めてもできます)。

根野菜に比べて日持ちしないので、注意が必要です。

 

 

 

7.梅干し

梅干しはご飯に合うのはもちろん、1品作るのに使えます。

例えば、ネギや玉ねぎが余って1品欲しい時、

ネギか玉ねぎ+梅干しで梅肉和え(紀州紅梅がおススメ)ができます。

あとは風邪をひいた時や食欲がない時にお粥と一緒に梅干しを食べているので、体調崩した時の常備食となっています。

 

 

 

8.シーチキン

シーチキンはそのままでも食べれますが、何かと一緒に合わせれば1品できます。

例えば、

塩もみしたキュウリ+ポン酢で酢の物(ポン酢がなければ酢でもOK)

キャベツか白菜+砂糖+醤油+みりんで煮物(レンジで温めてもできるので、おススメです)等 ができます。

 

 

 

9.肉類

 

肉類と言ってもおススメは「豚の小間切れ」と「ウインナー」の二つです。

豚の小間切れは値引きで安くなっている時に買ってラップで1回使う分を分けて冷凍して保存すれば、必要な分だけ解凍すれば使えます。

野菜と一緒に炒めれば、ボリュームも増すので、いいですよ。

ウインナーは冷凍できるのと少し炒めるかレンジで温めるだけでいいので、急いでる朝とかにあると便利です。

卵や野菜と一緒に炒めても美味しいし、キャベツとニンジンと煮てコンソメの素を入れたら簡単にスープもできます。

 

 

 

10.乾物

乾物は水に戻すだけで簡単に使えます。

中でも「わかめ」と「ひじき」を私は常備しています。

例えば、わかめだと

水に戻したわかめ+キュウリ+ポン酢で酢の物。

わかめ+卵+中華スープの素で中華スープ。

ひじきだと

ひじき+大豆+砂糖+醤油で甘露煮。

ひじき+卵+醤油で卵焼き。

 

わかめとひじきは海藻類になりますが、栄養たっぷりでお肌にも髪にもいいので、毎日取るのをおススメします。

私も毎日食べていますが、低カロリーで満腹感もあるし、取ってない時と比べてお肌と髪が違います。

 

 

 

まとめ

1.主食である「お米」

2.好みで「豆腐か納豆」

3.いろんな料理に使える「卵」

4.安くて簡単な料理に使える「もやし」

5.冷暗所の保存で日持ちする「根野菜」

6.春、夏なら「キャベツ」、秋、冬なら「白菜」

7.ご飯にも合うし、アレンジで使える「梅干し」

8.そのままでも、煮物にも使える「シーチキン」

9.冷凍保存で使える「豚の小間切れ」、「ウインナー」

10.美容にもいい「わかめ」、「ひじき」

 

これで一人暮らしの自炊は大丈夫!

簡単で使える食材なので、自炊に困らないはずです。

 

ただし、私の常備している食材なので、参考までに。

是非自炊を重ねて自分なりの使える食材を探してみて下さい!