知っておいて損はない!一人暮らしの簡単揚物の方法!

ほとんどの人が大好きな揚げ物、たまには食べたくなりませんか?

ただ、一人暮らしをしていると、油の処理等の後片付けが面倒という気持ちが優先して揚げ物料理を避ける人も多いはず。

私も一人暮らしをしていますが、以前は揚げ物をするのは避けていました。

正直言って、片付けが面倒なのはもちろん、油の処理の仕方がわからないし、勿体ないという気持ちがあってスーパーで安くなった惣菜を購入していました。

 

しかし、「家で出来立ての揚げ物が食べたい!」という気持ちが抑えきれず、一人暮らしでも簡単に出来る揚げ物の方法を探し始めました。

実際に今から紹介する内容を試したことで一人暮らしでも揚げ物が出来るようになりました。

片付けも汚れも気にならないので、気軽に揚げ物が出来ています。

 

 

 

まずは壁への油ハネ対策を

 

まず始めにすることはキッチンの壁の油ハネ対策です。

 

一人暮らしの揚げ物を避ける理由のひとつに汚れた壁の掃除が面倒と思う人も多いのではないでしょうか。

私も汚れた壁を見ただけで、今後料理する気がなくなる程ゲンナリしてしまいます。

放っておいただけで、いざ掃除すると汚れは取れないし、ますます料理のヤル気がなくなります。

 

そこで私が使ったのは100円ショップで売られている「ガスコンロ周辺の油ハネをガードできるアルミキッチンガード」です。

他のお店にも売っていますが、デザインが良く安いので、こちらを使っています。

置くだけで壁に跳ねる油を防御できるので、作業もいらないので楽です。

 

 

 

揚げる準備

 

 

油ハネ対策が済んだら、下ごしらえをしましょう。

用意するものは

・揚げる具材(肉、魚、野菜など)

・小麦粉

・水

・パン粉(フライをする場合)

・卵 (フライをする場合)

 

基本的に普通のレシピと変わりません。

ただ私は小麦粉に「片栗粉」「氷」を入れて衣をつけています。

ネットで調べて試した結果、小麦粉だけの時よりさっぱりするし、食感がこちらの方がいいように感じます。

是非入れるのをおススメします。

 

ちなみに片栗粉はなくても揚げ物はできますので、小麦粉だけでも安心して調理してくださいね。

 

 

 

実際に揚げる

下準備ができたら実際に揚げてみましょう!

揚げるのは鍋を使います。

なんで?鍋と思う人もいるのではありませんか?

 

私も最初に調べた時に「えー鍋で揚げ物したら臭い残るじゃん」て思ったくらい、あまり良い印象ではありませんでした。

実際に使ってみると横の方に対しての油ハネが減ったので、料理の後の壁やコンロ周りの拭き掃除が楽になりました。

もし鍋がなければ、フライパンでも大丈夫です。

ただし、小さければ小さい方がいいです。

あまりに大きいと油が余る原因になります。

 

油を底から数えて2㎝くらい入れます。

少なくない?これで揚がるの?と思いません?

 

私も少ない!て思って不安になりながら揚げ物をしていました。

そんな気持ちと裏腹にちゃんと揚がります。

なにより、少ない量の油で揚げれるので、油があまり余らないので片付けが楽です。

 

文章じゃわかりにくい方は動画がこちらになりますので、参考にして下さい。

私もこれを見て、揚げ物をするようになったくらいです。

https://youtu.be/DPl9n0s4mv4

 

もし、鍋についた臭いが気になる人がいたら料理後に水に混ぜた重曹を入れて少し放置するといいですよ。

臭いが残ることは少ないですが、私もたまに臭いが気になるので、重曹を入れています。

毎回は時間はないので、気になったらで入れています。

 

 

 

余った油の処理の仕方

揚げ物をするのに一番困るのは油の処理の仕方ではないでしょうか?

私もこれが悩みで揚げ物ができずにいた理由になっています。

 

もし余った時は100円ショップに「オイルポット」が売っていますので、使った油を冷まして濾して保存する方法があります。

私は上の方法を見つけるまで、このオイルポットという保存の形をとっていました。

今では油が余ることが滅多にないので、オイルポットが不要になっています。

 

もし、オイルポットを使って保存する場合は注意が必要です。

油は酸化するので、下のどれかに一つでも当てはまったら捨ててくださいね。

・煙が出る

・温度が下がった時に粘りが出る

・泡が消えにくい

・色が濃くなる

・不快な臭いがする

環境に悪いので、新聞紙等の紙に吸わせるようにして、決して直接捨てないようにしてください!

 

 

 

まとめ

 

1.壁への油ハネ対策

2.下ごしらえ

3.油を2㎝フライパンに入れて、換気しながら揚げる

4.余った油はオイルポットに保存する

 

この流れが私にとって、一人暮らしの揚げ物をするのにおススメです。

これで大丈夫。いつでも揚げ物料理ができます!

私も少ない油の量で揚げる方法を見つけてから、揚げ物が楽しくなりましたし、油が余ることがなくなったので片付けも楽になったのでいいことだらけです。

是非試してみてください。

 

ただし、油ハネ対策はしているとはいえ、油が飛び散りますので火傷には気を付けてください。

それと油の臭いが気になる人は換気扇を回したり、窓を開けて換気をするなりして注意してください。