初めて重曹を使う人でもこれならできる!重曹の簡単な使い方まとめ。

 

 

重曹で掃除ができるのは知っているけど、実際の使い方や量が分からなくて、

やってみたいけどなかなか手が出ない・・・。

という人は多いと思います。

重曹で掃除したら環境にも体にも良さそうだし、便利そう。

でも、重曹で掃除っていっても使い方が分からないし、準備もめんどくさそうだな。

それに掃除して本当にきれいになるの?

と、私も興味はあっても始めてみるまでに時間がかかったんです。

時間をかけて準備したのに、いざやってみたら手間だけかかって汚れは落ちなかった!

なんて事は避けたいですもんね。

重曹の使い方は本当にたくさんあって、

手軽に始めるにはどれからやってみれば良いのか分からなかった、

というのもあったんです。

 

ところが、実際に重曹を使ってみると、

本当に家のいろんな場所に使えて、とっても簡単で使いやすいんです。

しかも、スーパーやドラッグストア最近では百均でも買えるので、

お財布にも優しいし、気兼ねなくたっぷりつかえてとっても便利なものでした。

 

実際に私がやってみて良かった、簡単ですぐにできる重曹の使い方を紹介します。

 

 

 

 

 

小分けにするのと、スプレーボトルで準備しておくのが最初の一歩。

私の重曹の使い方は2種類です。

そのまま粉で使う方法とスプレーボトルに重曹水を作って使う方法です。

買ってきたままの重曹は袋に入っていて扱いにくいので、

使いやすいように準備をしておきます。

 

私は以前に準備するのが面倒だったので袋のまま使ったことがありますが、

使いにく過ぎてやめてしまった事があるので、

面倒でも最初の準備が肝心です。

 

粉で使う場合は、空き瓶等に入れて小分けにしスプーンを入れておくと、

サッと取り出せて使いやすいです。

入れるスプーンをアルミ製のスプーンにすると黒く変色してしまうので、

プラスチックや木のスプーンを入れてください。

 

スプレーボトルは、ぬるま湯1ℓに重曹大さじ1を溶かしたものです。

必ずぬるま湯を使ってください。

初めて重曹水を作った時、水で作ってみましたが重曹が全く溶けなかったので・・・。

 

この2種類の道具を、私は家中に置いてあります。

そうすると、使いたいときにサッと取り出せて掃除で使いやすいです。

 

 

 

 

 重曹は置いておくだけで、消臭と除湿ができる。

家の中で臭いの気になる場所って結構ありますよね。

重曹の粉を置いておくだけで簡単に消臭ができます。

 

空き瓶や小さいグラス等に重曹を入れて、

臭いの気になる場所に置いておきます。

小さめのグラスなら6分目くらいまで重曹を入れます。

除湿効果もあるので、下駄箱やトイレ・冷蔵庫の中もおススメです。

湿気を吸うと重曹は固まってきます。

硬くなってきたら除湿効果は弱くなってくるので交換してください。

 

私は、トイレに置いている分にはその上にアロマオイルを数滴垂らしています。

気分によって香りを変えたりして楽しめますよ。

 

 

 

 

 

三角コーナーや排水口のヌメリは、重曹にお酢をプラスして掃除する。

 

 

私は、水回りの掃除で一番苦手な場所が排水口です。

キッチンの三角コーナーや浴室の排水口など、

少し放置しただけでヌメリや汚れが気になってきます。

重曹にお酢をプラスした掃除で簡単にピカピカにできますよ。

 

キッチンなら三角コーナーや排水口の食べ物のカス、

浴室の排水口なら髪の毛などの汚れを取り除いておきます。

 

粉末の重曹をまんべんなく振りかけて、

その上からお酢を重曹全体に行きわたるようにかけます。

すると、シュワシュワっとした泡が発生します。

この泡はアルカリ性の重曹と酸性のお酢が混ざったことで化学反応を起こし、

炭酸ガスが発生したもので、ツンとした鼻につく独特の臭いがします。

私はこの臭いが苦手なので、

換気扇を回したり窓を開けて換気しながらするようにしています。

 

汚れがひどい場合は、歯ブラシなどで汚れをこすって落とします。

泡が収まるのをまってからお湯で洗い流したら完了です。

嫌な排水口や三角コーナーをあまり触らずに、

ヌメリや臭いも消えてピカピカになりますよ。

 

こちらの動画を参考にしてみてください。

 

まな板の除菌にも同じ要領で使えます。

三角コーナーや排水口と同時にまな板の除菌までできると、

手間もかからず簡単なので続けやすいですよね。

 

 

 

 

重曹水のスプレーで油汚れも2分でピカピカにできる。

料理をする度に必ず汚れるコンロ周り。

しかも油汚れはコンロだけでなく壁にもかなりの油が飛び散ります。

私も、面倒だと見て見ぬふりをしている間にギトギトになってこびりついてしまい、

1時間くらいかけてゴシゴシこすって、へとへとになった事がありました。

それ以来キッチンが油まみれになる。と思うと掃除が面倒で、

料理もあまりしなくなっていました。

 

そんなに時間をかけなくても、

汚れた時に重曹を使って1~2分程度の掃除をしておくだけで、

びっくりするほど油汚れをスルッと簡単に落とすことができるんです。

 

スプレーボトルに入れた重曹水をコンロ周りや壁にたっぷり吹き付けます。

私は、壁がビシャビシャになる程たっぷりかけておきます。

ペーパータオルで軽く拭きとった後に、

濡らしたふきんで拭きます。

重曹は拭き残しがあると白く残るので、ここではしっかり拭いてください。

そうすると、飛び散った油もなかったかのようにピカピカになります。

 

簡単にキッチンの掃除ができるようになってから、

料理の回数も増えキッチンに立つのも楽しくなりました。

 

 

 

 

 

 

いつもの洗剤に重曹をプラスするだけで、消臭力や洗浄力がアップして柔軟剤にもなる。

洗濯に重曹を使うと、消臭や洗浄力がアップするだけでなく、

柔軟剤変わりにもなって、タオルや洋服がフワっと仕上がるんです。

特に、臭いが気になる夏場の洗濯にはおススメです。

 

いつも使っている洗濯用洗剤を通常の半分の量をいれ、

残り半分の量を重曹を入れて洗濯機を回します。

このとき、水ではなく20~30度ぬるま湯を使ってください。

冷たい水を使うと、重曹が溶け切らず洗濯物についてしまうことがあります。

 

かといって、わざわざぬるま湯を準備するのは大変なので、

私はいつもお風呂の残り湯を使って洗濯をしています。

水道代の節約にもなりますし、

重曹だけでなく洗濯用洗剤も溶けやすくなって衣類の汚れも落ちやすくなります。

 

いつもの洗剤に重曹を足すだけなので、手軽に始められますよ。

 

 

 

 

まとめ

 

・小分けにするのと、スプレーボトルで準備しておくのが最初の一歩。

・重曹は置いておくだけで、消臭と除湿ができる。

・重曹水のスプレーで油汚れも2分でピカピカにできる。

・いつもの洗剤に重曹をプラスするだけで、

消臭力や洗浄力がアップして柔軟剤にもなる。

 

重曹って本当にいろいろな使い方があります。

たくさんあるからこそ、何から始めれば良いか迷ってしまいますよね。

まずは、今の日常生活にちょっとプラスして効果を実感することで、

便利な重曹を生活に取り入れるきっかけを作りましょう。